top of page

​全ての記事

💡背広やオーダースーツについてのアドバイス

洋服修理センターミユキが日頃より思う...

■フルオーダーとイージーオーダー(既製品)の違い


フルオーダーとは...

背広などのスーツまたはジャケットを1から作ります。

最大の違いは、全ての工程で熟練した職人による手作業で作られる事です。


・生地選び(好みの柄を選び、夏用、冬用、オールシーズンなどの特性も考慮します)

・採寸(ジャストフィットな体型に合う寸法)

・デザイン(シルエットやポケットのデザインなど好みに合う作りを選びます)

・仮縫いをし、より寸法を体形に合う好みの形で確認する事ができる

・お値段が高価である

・出来上がりまでのお時間がかかります


などなどの特徴があります。


イージーオーダーなどの既製品やメーカー品...

ざっくり言いますと寸法を決めて、あとは機械やミシンを含むメーカーの工程にて

作られます。大量生産で作る場合は、安価ですぐ購入できます。

細かいオーダーまでは決めれませんが、ある程度サイズが決まると

その選んだシルエットやデザインを気軽に選ぶことが出来ます。


特徴はこの限りではありませんが、それぞれ一長一短があります。

もちろんフルオーダーですと、その仕立ての良さから、信頼と威厳などの満足を

満たす事でしょう。


当店の創業時... 祖父の昭和初期の頃から...


紳士服の洋服店として店を展開している時代がありました。


個人店ながら魅力的な反物や種類が豊富にあり、さまざまな生地が店頭に並び

お客様が来店されては採寸、仮縫い、納品と身近な紳士服店として地域で営業しておりました。

今では... 町の紳士服店などは減少し、反物や生地をおろす問屋さんまで少なくなっていまいました。

なかなかに、背広を仕立てるという経験が出来にくい世の中です。


紳士服を仕立てる。あつらえる。

フルオーダーに技術者や職人が仕事の腕を振るう機会は少なそうです。


そんな紳士服店の生粋の職人がいるお店が考える

スーツ選びのアドバイスを見て行きましょう!


アドバイスその1 |目的を考えて、用途に合うものを選ぶ


あなたが着る場面を想像します。

好きなデザイン、ブランドがある場合は、TPOにあったものを選ぶのもいいですね。


アドバイスその2 | フルオーダーの欠点


価格が高価なのもさる事ながら、良い生地で仕立てた背広、スーツなどは、お手入れが

欠かせません。洋服修理センターの長年のお客様のお悩みを踏まえますと、良い生地には

虫食いが付き物です。ウール100%の良い生地ほど、虫の大好物です。


💡 1シーズンづつのお手入れや、クリーニングをお勧めします。


アドバイスその3 | 大切なスーツが虫食いになったら?


洋服修理の方法は、2通りしかありません!


①ミシン掛け

虫穴の箇所に、裏から生地をあてて表をミシンでほどけないように潰します。

※ミシン目が分かってしまいます(目立たない場所には最適)

当店では、10cm×10cmの大きさで税抜800円からです。


②かけつぎ(当店特許取得技術)

同じ共地を使い、虫穴の箇所に生地の設計図通りに編み込む技術です。

当店では、生地の編み込む難易度でお値段が変動します。

一番難易度の低い「平織」で1ヶ所税抜8000円からです。


アドバイスその4 | お試しリンク


お気軽にオーダーを頼める様々なお店リンクを貼りました。

よろしければお試しください。


 

オーダースーツとシャツを自宅で注文 自社工場からの直販だからこその低価格 仕様の組み合わせも追加費用なし 日本人運営の品質 生地はsuper素材、wooll100%の高級生地 サイズもジャストサイズ保証で安心 自己オート採寸など豊富な採寸方法で簡単

レディーススーツも展開

 

・上質なオーダースーツが33,000円からオーダー可能(就活スーツは22,000円)

・業界最速の最短1週間の納期

・1着目は、オンワードの経験豊富なスタッフが採寸

・200種類以上の生地バリエーション

・身長・体重・年齢・体型を入力するだけであなたサイズを提案。オンライン完結型のオー  ダーメイドシステム

 

アドバイスその5 |虫穴が多いと買った方が早いくらい!?


もし、虫穴に食われている場所が多い場合は、修理をしてもコスパ的に買うほど料金がかかってしまいます。

よって、大切なスーツや背広、ジャケット、スカートなどを守るためには、お手入れが大切になってきます。ニット・ウール100%は、特に気をつけて管理されてください。

また、購入時の使う用途によって、オーダーの種類を分けるのもありなのではと常々思う所です。


長くなりましたが...


長くお付き合い、ご覧いただきありがとうございます。


「紳士服のこじま」として創業よりオーダー店として長らく地域にご愛好頂いてきました。昭和も終わりになり大量生産時代へ入って行き...

現在の「洋服修理センターミユキ」へと業務移行し、東京英国屋にて修行で得た技術を

余す事なく様々な洋服の修理を通じて日々お仕事を行なっております。

三代続く当店として

まだまだ、なくてはならない技術と信じて、お客様へ貢献して行きますので

ご支援やご意見のほど、よろしくお願い致します。


まずは、無料ですので、お見積り・ご相談をぜひお待ちしております。



閲覧数:102回0件のコメント
bottom of page